トップページボード

トップページのボードはこのページのアイキャッチを利用します。

メモ:9/2まで当財団設立から25年目を迎えた本年、発起人の皆様の呼びかけに200名を超える各界の方々がお集まり下さいまして、去る7月19日東京白金八芳園内で「日本伝統文化振興財団創立二十五周年を祝う会」が催されました。

メモ:12/26昼まで第二十二回日本伝統文化振興財団賞・第七回中島勝祐創作賞 贈呈式(https://japo-net.or.jp/4228)
平成30年7月、東京の八芳園で行なわれた両賞の贈呈式と記念演奏会についてお伝えします。

メモ:主催公演「鬼太鼓座」VS 中国山西省「絳州鼓楽」が浅草公会堂で開催されました/2015年10月24 日(土)と25 日 (日)の両日にわたり、日本伝統文化振興財団主催公演「鬼太鼓座」VS中国山西省「絳州鼓楽」 が浅草公会堂で開催されました。写真アルバムでご紹介します。

メモ <ツインベスト 古典芸能ベスト・セレクション 名手・名曲・名演集>シリーズ第一回発売は2014年2月19日、第二回発売は3月19日。貴重な音源の数々を収録し、資料的価値のあるブックレットが付属した全20タイトルのラインナップをご覧ください。

メモ:「百人一首・千年の出会い」公演 連動企画「『百』を巡る短歌コンテスト」。歌の中に「百」の文字が詠み込まれている、または「百」を感じさせる短歌を募集。結果は公演にて発表します!</>

めも:復刻されたCD4枚組『神々の音楽—神道音楽集成』は、日本の神道(しんとう)文化の音楽面に光を当てた貴重な音源と豪華な別冊解説書からなる大作で、今もなお類稀な価値を保っています。1976年(昭和51年)第31回文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞したこの作品を構成した作曲家・藤本壽一さんに、当時の制作された背景やいま作品を復刻する意義について、じっくりと語っていただきました

めも:(小唄まつり)2015年7月7日(火)、8日(水)に開催される「第55回ビクター名流小唄まつり」は、半世紀以上の歴史と伝統を誇る催しです。流派ごとに開かれることが多い小唄の発表会ですが、小唄まつりでは各流派が一堂に集まります。
メモ:祈るように語り続けたい 第二楽章 福島への思い ~吉永小百合 朗読会~(https://japo-net.or.jp/3071)
去る2015年3月10日、東京千駄ヶ谷の津田ホールで、吉永小百合朗読会を開催いたしました。ビクターエンタテインメントから吉永小百合さんの4枚目のCD「第二楽章福島への思い」が発売になる3月11日、その前日のお披露目の朗読会でもありました。

メモ:第十九回日本伝統文化振興財団賞贈呈式/第四回中島勝祐創作賞 贈呈式「東京・三越劇場にて行なわれた二つの賞の贈呈式、および沖縄・国立劇場おきなわ小劇場で行われた財団賞贈呈式の模様をお伝えします。」

メモ:(第20回授賞式)東京・三越劇場にて行なわれた二つの賞の贈呈式の模様をお伝えします。

(._.)φ:平成29年6月、東京の紀尾井小ホールで行なわれた両賞の贈呈式と記念演奏会についてお伝えします。